第27回映画祭TAMA CINEMA FORUM

プログラムレポート

【B-1】ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

11/18[土] パルテノン多摩小ホール
  • 10:15-11:40
    ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
  • 11:50-12:12
    プレミアイベント映像+「リハーサルプロジェクト・ポルーニン」上映
  • 12:12-12:45
    トーク <ゲスト:ハービー・山口氏(写真家、エッセイスト)>

本プログラムではタイトルどおりバレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンの特集として、ドキュメンタリー作品『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』と特別映像2本立て「リハーサル プロジェクト・ポルーニン」、「東京藝術大学・奏楽堂ライブプレミアイベント」を上映しました。

上映後には「リハーサル プロジェクト・ポルーニン」にも登場し、今年3月にロンドンで開催されたポルーニン自身によるプロデュース公演「プロジェクト・ポルーニン」のリハーサルと本番に10日間密着した写真集「The Beginning of a Journey:Project Polunin」を上梓されているハービー・山口氏をゲストにお迎えしてお話を伺いました。

写真集に収録されなかったカットや4月に来日した際のポルーニンの姿、かつてハービー氏が過ごされたロンドン時代に撮影された写真などをスクリーンに映しながら、貴重なエピソードの数々をお話しいただきました。

なかでも印象的だったのは、写真集のタイトルがプロデュース公演終了後にポルーニンが発した言葉から付けられたものであること、同じアーティストとしての観点から、ポルーニンにはダンスの神様が踊る場所を与えてくれ、自分には写真の神様が最高の(撮る)瞬間を与えてくれているように感じるとおっしゃっていたことでした。

常に「生きる希望」をテーマとして撮影していらっしゃるハービー氏ならではの、ポルーニンを始めとするさまざまな人とのふれ合いのエピソードは尽きることがなく、あっという間に時間がすぎていきました。

ご来場いただいたお客様からも観逃していた作品や貴重な映像が観られたこと、ハービー氏のトークにとても感動したなど企画者にとって嬉しい感想をいただきました。映画の神様がセルゲイ・ポルーニン、ハービー・山口氏、観客を結びつけてくれた至福の時間となったように思います。

リンク:

レポート一覧

幼な子われらに生まれ
散歩する侵略者
授賞式
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
プレミアイベント映像+「リハーサルプロジェクト・ポルーニン」上映
トーク:
ハービー・山口氏(写真家、エッセイスト)
タレンタイム〜優しい歌
アイスと雨音
トーク:
松居大悟監督、志磨遼平氏(ミュージシャン) 司会:門間雄介氏(編集者、ライター)
ぼんとリンちゃん
逆光の頃
トーク:
高杉真宙氏、小林啓一監督 司会:くれい響氏(映画評論家)
トリガール!
高杉真宙氏の舞台挨拶
7月14日の娘
ジャングルの掟
トーク:
小柳帝氏(ライター、編集者、翻訳者、フランス語講師)
家族ゲーム
トーク:
団地団(大山顕氏、佐藤大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏)
きわめてよいふうけい
After 10 Years
トーク:
ホンマタカシ氏(写真家、映画監督)、タカザワケンジ氏(写真評論家、ライター)
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー
すばらしき映画音楽たち
トーク:
鍵和田啓介氏(ライター)、青柳文子氏(モデル・女優)
海辺の生と死
トーク:
島尾伸三氏(写真家、作家)、しまおまほ氏(エッセイスト)、越川道夫監督
ハローグッバイ
PARKS パークス
『ハローグッバイ』トーク:
菊地健雄監督、萩原みのり氏、久保田紗友氏、瀬田なつき監督
『PARKS パークス』トーク:
瀬田なつき監督、橋本愛氏、菊地健雄監督