第29回映画祭TAMA CINEMA FORUM

プログラムレポート

【C-9】万歳!ここは愛の道

11/28[木]ベルブホール
  • 12:00-13:26
    万歳!ここは愛の道
  • 13:30-14:10
    トーク
    ゲスト:石井達也監督、根矢涼香氏 聞き手:松崎健夫氏(映画評論家)

実際に【2年間】交際した恋人が【2年分】の記憶を失くした。僕は、カメラを回した。

これは本作品のキャッチコピーです。『万歳!ここは愛の道』で、この“恋人”とは福田芽衣さん、“僕”とは石井達也監督ご本人。手持ちカメラによる衝撃的な内容だけでなくもちろんリアルなお二人の生活の細部まで曝け出したセルフドキュメンタリーとして撮られています。またこの作品に登場する俳優の大下ヒロトさんも女優の根矢涼香さんも全て実名で映しだされています。

予備知識になりますが、ここにメインで登場するお二人は共に自主映画の監督で、石井達也監督は『すばらしき世界』で第19回TAMA NEW WAVEある視点上映。福田芽衣さんは『チョンティチャ』で第19回TAMA NEW WAVE特別賞受賞監督。また根矢涼香さんは『ウルフなシッシー』で第18回TAMA NEW WAVEベスト女優賞を受賞しています。

このプログラムの企画理由は、単にTAMA映画祭と縁(ゆかり)あるスタッフ、キャストによる劇場公開長編作品だからではなく、福田芽衣さんの記憶を失くした日が、第19回TAMA NEW WAVEコンペティションで彼女が表彰を受けた数日後であるという事実。すなわちお二人に、そして衝撃的なこの物語のプロローグにTAMA映画祭も何らかの関与をしていると感じたからです。

平日の日中にもかかわらず大勢のお客様にご覧いただいた作品上映後のトークは、石井達也監督、公開当初から本作に注目し各所にコメントを掲載していた映画評論家松崎健夫さん、出演女優の根矢涼香さん、主演の福田芽衣さん4名をお迎えしました。福田芽衣さんは、トークゲスト呼び込み時の突然の発表でサプライズ登壇となったため、会場は多少のざわめきからのトークスタートとなりました。また作品の中で強烈な私生活を見せつけられた後だけに石井達也監督だけならまだしも、福田さんの登場は会場に不思議な空気感を与える中でしたが、松崎さんの軽妙なトーク回しにより、和やかに進められました。

テーマはセルフドキュメンタリー論。誰もが簡単にムービーカメラを片手に、その日常や生活を事細かに撮り収めることができる今だからこそ、何を撮るのか? なぜ撮るのか? そして作品にするのか?石井監督は、本来は撮る側だけでありながら、彼女である福田さんと自らを撮りまくった結果(福田さんも石井さんを撮っている)、収録された莫大な量の映像を監督として客観視すること。福田さんも本来は監督でありながらこの作品では撮られる立場であり、しかも演技ではない素の自分が映像として残っていること。根矢さんはお芝居を撮られる側でありながらこの作品に出演したことのメリットや、シナリオ・台詞があって役を演じる劇映画とドキュメンタリーとのギャップ。また現在配信されているソーシャルフィルム『根矢涼香、監督になる。』で監督業を意識したこと、などなど。撮る側の立場、撮られる側の立場。この作品ではそれらが混在する中で、様々なお話を語っていただきました。

Q&Aでは、

Q:収録したトータル尺数は?
A:具体的な総時間数は分からないがと首をひねる石井監督に、「最初の荒編集だけで8時間以上だったので完尺(86分)にするのが大変だったよね」と福田さん。「でも監督は何でも撮るわけではなく意志やこだわりがないと撮らない」と話す福田さんに、「撮るものには全て魂がこもっています」と石井監督。

Q:本編内の劇映画の撮影シーンは元々あったのか?
A:元々『万歳!ここは愛の道』という劇映画を撮る予定で始まったのだが、セルフドキュメンタリーを撮って行く上でこの作品のタイトルこそが『万歳!ここは愛の道』に相応しいと思いこのタイトルに決定したと石井監督。

Q:今後は劇映画を撮るのか? ドキュメンタリーを撮るのか?
A:自分が撮りたいと思ったものを撮るだけで、劇映画やドキュメンタリーなどジャンルへのこだわりはないと石井監督。

他にも本作品やセルフドキュメンタリーに関する深いお話を聞く大変有意義な機会となりました。

TAMA NEW WAVEも今年で20回目を迎えましたが、今後TAMA映画祭のプログラム企画でも才能ある若手監督の良質な作品に注目し、まだ陽の目を見ない作品でもいち早く輩出する機会にしていきたいと思います。ご登壇いただきましたゲストの皆様、ご来場いただきましたお客様、ありがとうごいました。

リンク:

レポート一覧

【A-1】
第11回TAMA映画賞授賞式
長いお別れ
授賞式
嵐電
【B-2】
スクリーンに映える魅惑の役者 成田凌
さよならくちびる
トーク:
成田凌氏、今泉力哉監督、木村和平氏
愛がなんだ
【B-4】
映画界のミューズ 女優・前田敦子
Seventh Code
旅のおわり世界のはじまり
トーク:
前田敦子氏、黒沢清監督
【B-5】
日本のジャーナリズムを考える2019
記者たち ~衝撃と畏怖の真実~
新聞記者
トーク:
河村光庸プロデューサー、松崎健夫氏
【B-6】
暗闇の中の光 ―山戸結希監督特集―
溺れるナイフ
ホットギミック ガールミーツボーイ
トーク:
山戸結希監督、志磨遼平氏
【B-8】
あふれる映画愛 井浦新特集
こはく
嵐電
トーク:
鈴木卓爾監督、あがた森魚氏
【C-2】
笑って泣けて考える ~進化するインド映画~
ヒンディー・ミディアム
トーク:
アンジャリ<八尋美樹>氏
シークレット・スーパースター
【C-4】
南米音楽の二人の巨匠
ピアソラ 永遠のリベルタンゴ
ジョアン・ジルベルトを探して
トーク:
中原仁氏
【C-9】
万歳!ここは愛の道
万歳!ここは愛の道
トーク:
石井達也監督、根矢涼香氏、松崎健夫氏
【C-12】
福島の声を聴く
福島は語る
トーク&ミニライブ:
寺尾紗穂氏
【C-13】
松田優作生誕70周年
トーク:
丸山昇一氏
処刑遊戯
野獣死すべし
【C-15】
団地団、TAMAに参上2019
団地 七つの大罪
トーク:
団地団(大山 顕氏、佐藤 大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏)
【D-2】
逆輸入型新進気鋭監督 長久允×奥山大史
Tokyo 2001/10/21 22:32-22:41
そうして私たちはプールに金魚を、
僕はイエス様が嫌い
WE ARE LITTLE ZOMBIES(ウィーアーリトルゾンビーズ)
トーク:
長久允監督、奥山大史監督
【D-3】
魔法少年☆ワイルドバージン 先行プレビュー
魔法少年☆ワイルドバージン
トーク:
宇賀那健一監督、山口明氏