『四月の永い夢』特別上映会 - TAMA映画フォーラム実行委員会

四月の永い夢

 
2019.04.13 更新

<ゲスト追加のお知らせ>
『四月の永い夢』に出演している川崎ゆり子さんがトークプログラムのゲストに決定しました。

<舞台挨拶のお知らせ>
第2回上映前(13:30~)に中川龍太郎監督、川崎ゆり子さんによる舞台挨拶を実施いたします。

2019.03.24 更新

<来場者特典のお知らせ>
『四月の永い夢』のロケ地MAP(①東京都国立市ロケーションマップ、②富山県朝日町ロケーションマップ)を進呈します。

※数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

 
  • 日時
  • 2019年4月27日(土)
  • 10:30-12:03 第1回上映
  • 12:03-12:30 トーク
    ゲスト:中川龍太郎監督、川崎ゆり子さん
  • 13:30-15:03 第2回上映
    上映前に舞台挨拶あり
  • 16:30-18:03 第3回上映
  • ※全席自由・各回入替制
    ※開場は15分前です。
    ※トークはチケット(半券含む)提示で入場できます。
    ※上映時間は変更になる場合があります。
 
  • チケット
  • 前売
  • 大人(中学生以上)のみ 1,000円
  • 当日
  • 大人(中学生以上) 1,200円
  • 子ども(4歳~小学生) 600円
  • TAMA映画フォーラム支援会員 600円
  • 障がい者とその付添い者1名 600円
  • 前売チケットのご購入について
  • 前売チケットは3月23日(土)一般発売
    下記の場所でご購入いただくか、
    インターネットでの予約も可能です。
  • 多摩市立永山公民館
    (休館日・祝日を除く9:00~17:00)
  • 多摩市役所売店
    ひまわり
  • 聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F
    多摩ボランティア・市民活動支援センター
  • ココリア多摩センター5F
    おしごとカフェ キャリア・マム
  • インターネット予約 »

    予約受付期間:3/23(土)~4/26(金)
  • ※インターネットでご予約いただいた方は上映日に受付にて、前売価格にてチケットの精算・受渡となります。
  • ※インターネット予約完了時には確認メールが配信されます。メールを携帯電話で受信される方はパソコンからの受信拒否設定を解除するか、tamaeiga.orgドメインからの受信を許可する設定に変更してください。
  • 保育サービス実施
  • 10:30~の1回目上映中とトークの時間にお子さまをお預かりいたします。
    (満1歳以上/先着10名)
    希望される方は、開催前日までにこちらのフォームからお申込ください。
  • 保育申込フォーム »

    予約受付期間:3/23(土)~4/26(金)
 

イントロダクション

"生きている実感"を持ちづらい現代社会において、悲しみややりきれなさを抱えながらも、どのように次のステージへ向かっていけるのか。

<あらすじ>
3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。――喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。

<作品紹介>
初海の心の光と影をその透明感あるたたずまいでみずみずしく演じるのは『かぐや姫の物語』の朝倉あき。初海に恋する朴訥で誠実な青年・志熊を体現するのは映画・TVで活躍する三浦貴大。脇を固める高橋由美子 志賀廣太郎 高橋惠子ら実力派俳優陣の心打つ演技、舞台でも活躍する川崎ゆり子。モデルで活躍する青柳文子の新鮮な存在感。

大橋トリオ等と活動するユニット・赤い靴の「書を持ち僕は旅に出る」が挿入歌として印象的に流れ初海の一歩をそっと後押しする。物語を彩るのは『おおかみこどもの雨と雪』の舞台となったともされる国立や富山県朝日町をロケ地とした日本の美しい風景。平成という時代が過ぎ去ろうとする今、本作は物質的豊かさをゴールとしない丁寧で誠実な日常が生みだす幸せと希望をどこか昭和的なノスタルジーと共に伝えてくれる。


『四月の永い夢』

2017 / 日本 / カラー / 93分

  • 朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、高橋由美子、青柳文子、森次晃嗣

監督・脚本:中川龍太郎
製作総指揮:石川俊一郎/木ノ内 輝
チーフプロデューサー:和田丈嗣  プロデューサー:藤村 駿  共同脚本:吉野竜平  撮影監督:平野礼  照明:稲葉俊充  編集:丹羽真結子  録音:伊豆田廉明  メイク・衣装:タカダヒカル  ラインプロデューサー:佐藤 宏  音楽:加藤久貴 
挿入歌:赤い靴「書を持ち僕は旅に出る」
製作:WIT STUDIO  制作:Tokyo New Cinema  配給:ギャガ・プラス 
©WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

四月の永い夢 | Tokyo New Cinema Inc. | ヒトを豊かにする映画 ≫

 

ゲストトーク

第1回上映後に中川龍太郎監督、川崎ゆり子さんをお招きしてゲストトークを開催いたします。


中川龍太郎 監督

1990年生まれ。神奈川県出身。17歳のときに詩集「詩集 雪に至る都」(2007)を出版し、「詩とファンタジー」年間優秀賞受賞(10)。初監督作品『Calling』(12)がボストン国際映画祭にて最優秀撮影賞受賞。『愛の小さな歴史』(14)と『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(15)で東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門2年連続の出品を最年少にして果たす。

川崎ゆり子 氏

東京生まれ、福島の山奥で育つ。19歳より舞台作品をメインに活動をはじめる。近年の主な出演作は、『書を捨てよ町へ出よう』(18)『BOAT』(18)(いずれも東京芸術劇場)など。中国、イタリア、フランスなどの海外公演にも参加。その他、モデル、MV等の映像作品での活動も。『四月の永い夢』は初の映画出演作。

 

予告編

 

会場

東京都多摩市永山1-5 ベルブ永山5F

京王相模原線・京王永山駅、小田急多摩線・小田急永山駅から徒歩約2分

公共の交通機関のご案内

[京王線]
新宿駅から特急・急行・区間急行の橋本行きに乗車。または調布駅にて橋本方面に乗換。地下鉄新宿線から直通・急行の橋本行に乗車
[小田急線]
新百合ヶ丘駅にて唐木田方面に乗換。地下鉄千代田線から直通・多摩急行の唐木田行に乗車
[バス]
聖蹟桜ヶ丘駅から永山駅行・永山5丁目行・諏訪4丁目循環に乗車。永山駅にて下車
鶴川駅から永山駅行・聖蹟桜ヶ丘駅行に乗車。永山駅にて下車
 
  • 日時
  • 2019年4月27日(土)
  • 10:30-12:03 第1回上映
  • 12:03-12:30 トーク
    ゲスト:中川龍太郎監督、川崎ゆり子さん
  • 13:30-15:03 第2回上映
    上映前に舞台挨拶あり
  • 16:30-18:03 第3回上映
  • ※全席自由・各回入替制
    ※開場は15分前です。
    ※トークはチケット(半券含む)提示で入場できます。
    ※上映時間は変更になる場合があります。
 
  • チケット
  • 前売
  • 大人(中学生以上)のみ 1,000円
  • 当日
  • 大人(中学生以上) 1,200円
  • 子ども(4歳~小学生) 600円
  • TAMA映画フォーラム支援会員 600円
  • 障がい者とその付添い者1名 600円
  • 前売チケットのご購入について
  • 前売チケットは3月23日(土)一般発売
    下記の場所でご購入いただくか、
    インターネットでの予約も可能です。
  • 多摩市立永山公民館
    (休館日・祝日を除く9:00~17:00)
  • 多摩市役所売店
    ひまわり
  • 聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F
    多摩ボランティア・市民活動支援センター
  • ココリア多摩センター5F
    おしごとカフェ キャリア・マム
  • インターネット予約 »

    予約受付期間:3/23(土)~4/26(金)
  • ※インターネットでご予約いただいた方は上映日に受付にて、前売価格にてチケットの精算・受渡となります。
  • ※インターネット予約完了時には確認メールが配信されます。メールを携帯電話で受信される方はパソコンからの受信拒否設定を解除するか、tamaeiga.orgドメインからの受信を許可する設定に変更してください。
  • 保育サービス実施
  • 10:30~の1回目上映中とトークの時間にお子さまをお預かりいたします。
    (満1歳以上/先着10名)
    希望される方は、開催前日までにこちらのフォームからお申込ください。
  • 保育申込フォーム »

    予約受付期間:3/23(土)~4/26(金)

#pagetop