風の波紋 上映会 - TAMA映画フォーラム実行委員会

風の波紋

越後妻有の里山。都会から移り住んだ人々。
水が流れて、風が吹く。季節も、いのちも めぐる、めぐる。
ドキュメンタリー映画の新たな地平

 
 

ストーリー

舞台は越後妻有(えちごつまり)の里山。この雪深い村に都会から移り住んだ木暮さん夫婦は、茅葺き屋根の古民家を修復し、見よう見まねで米を作って暮らしてきた。ゴリゴリと豆を挽いてコーヒーを淹れ、野山の恵みを食卓にならべる。草木染職人の松本さんは、山桜で染めた糸を夫婦並んで手織りする。色鮮やかな着物が仕立てあがるころ、娘さんが成人式を迎えた。

悠々自適、気ままな田舎暮らしに見えるけれど、ときに自然はきびしい。冬ともなれば雪がしんしんと降り続け、来る日も来る日も雪かきに追われる。ひとりでは生きられない。茅葺きや稲刈りも協働作業だ。木暮さんのまわりには不思議と個性ゆたかな仲間が集まり、ことあるごとに囲炉裏を囲んで宴がはじまる。歌と笑い、もちろんお酒もかかせない。そうやって、ここでは新しいかたちの「結(ゆい)」がゆるやかに息づいている。

ある春の朝、大きな地震がおきた。木暮さんの家も全壊したが、彼は再建を決意する――。

『風の波紋』公式サイト ≫


『風の波紋』2015年/99分/カラー/日本
監督:小林茂 撮影:松根広隆 現場録音:川上拓也 音響:菊池信之 編集・アソシエイトプロデューサー:泰岳志 編集協力:山崎陽一 音楽:天野孝子 プロデューサー:矢田部吉彦、長倉徳生 後援:「小林茂の仕事」Oタスケ隊 助成:文化庁 文化芸術振興費補助金 製作:カサマフィルム 配給:東風

コメント

そこに人が棲すみ、それぞれの暮しを結(ゆ)い合って古里を創る。その強い意志を、深い雪や田畑の稔(みの)りや山羊の命と同等に描く。かつての日本には、こういう人と自然との風景が当り前にあった。が、これは回顧(ノスタルジー)ではなく、再生への覚悟(フィロソフィー)。映画を使って、その祈りを穏やかに開放。映画の「劇」の極(きわ)み。讃!

大林宜彦 (映画作家)

かつて新宿のダンボール村でカメラを構え、シャープな写真を撮りまくっていた木暮茂夫さん。まさかカメラを向けられる立場になるとは。しかもこんな美しい映画の主人公として。ダンボール村の消滅とともにカメラを捨て、新潟で茅葺職人になったという話は聞いていたが、そこでもダンボール村時代のコミュニティの精神がしっかり生きていることを知った。嬉しかった。

追川尚子 (写真家/新宿ベルク副店長)

それは手づくりの世界でもあり、この大地とともに暮らすプロフェッショナルな人びとの世界だ。進歩ではなく、深められていくことを喜ぶ世界。発展ではなく永遠の世界。技術ではなく技の世界。知識ではなく知恵の世界。そしてこんな人間たちの営みを見守っている自然。それはいまでは多くの人たちがあこがれている世界だ。

内山節 (哲学者)

僕は新潟市出身なのでディープ新潟=豪雪地帯は、知っているようで知らない世界。そして僕は、新潟市でさえ地味と切り捨て東京に行き、現代アートなんぞをやっている。そんな男の(疚しさや罪悪感を含む)心を始終モヤモヤと刺激し続ける映画だった。主要な登場人物の多くが新潟出身でない(新潟弁でない)ことも、あるリアリズムとしてのポイントだろう。日本全体の今後百年について思い巡らさざるを得なかった。なんの大事件も起きない淡々とした映画だから、スパッと答えが見つかるわけではないのだけれど、ジワジワと来る。そして長時間粘っただろう撮影が見事。美しい(ちょっと美しすぎる?)自然や、酔漢たちののびのびとした振る舞いには、「よくぞ撮れた」と思うシーンが多々あり。

会田誠 (美術家)

 

予告編

 

チラシ

 

会場

東京都多摩市永山1-5 ベルブ永山5F

京王相模原線・京王永山駅、小田急多摩線・小田急永山駅から徒歩約2分

公共の交通機関のご案内

[京王線]
新宿駅から特急・急行・区間急行の橋本行きに乗車。または調布駅にて橋本方面に乗換。地下鉄新宿線から直通・急行の橋本行に乗車
[小田急線]
新百合ヶ丘駅にて唐木田方面に乗換。地下鉄千代田線から直通・多摩急行の唐木田行に乗車
[バス]
聖蹟桜ヶ丘駅から永山駅行・永山5丁目行・諏訪4丁目循環に乗車。永山駅にて下車
鶴川駅から永山駅行・聖蹟桜ヶ丘駅行に乗車。永山駅にて下車
 
  • 日時
  • 2016年7月16日(土)
  • 10:30-12:09 第1回上映
  • 13:00-13:39 第2回上映
  • 15:30-17:09 第3回上映
  • 18:00-19:39 第4回上映
  • ※全席自由席
    ※開場は15分前です。
    ※上映時間は変更になる場合があります。
 
  • チケット
  • 前売
  • ※前売チケットは
    6月11日(土)一般発売
  • 大人(中学生以上)1,000円
  • 当日
  • 大人(中学生以上)1,200円
  • 子ども(4歳~小学生)600円
  • *支援会員、障がい者と付添いの方1名は当日600円です。
  • チケットのご購入について
  • 下記の場所でご購入いただくか、
    インターネットでの予約も可能です。
  • 多摩市立永山公民館
    (休館日・祝日を除く9:00~17:00)
  • 多摩市役所売店
    ひまわり
  • 聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F
    多摩ボランティア・市民活動支援センター
  • ココリア多摩センター5F
    おしごとカフェ キャリア・マム
  • インターネット予約 »

    予約受付は7月15日(金)まで
    →受付終了いたしました。
  • ※インターネットでご予約いただいた方は上映日に受付にて、前売価格にてチケットの精算・受渡となります。
  • ※インターネット予約完了時には確認メールが配信されます。メールを携帯電話で受信される方はパソコンからの受信拒否設定を解除するか、tamaeiga.orgドメインからの受信を許可する設定に変更してください。
  • tumblr
    TAMA CINEMA FORUM
  • どこまでもいこう
    (監督:塩田明彦/日本/1999年/75分)
    ――『こどもしょくどう』とあわせて観たい映画――

    団地を駆け抜ける子どもたち。それぞれに異なる事情を抱えながら、友情のあり方も少しずつ変化していく。

    20年前の作品だが、子どもたちの目線で物語を鋭く描いた魅力は色あせない。世界が外に向かって広がっていく小学5年生の頃のエネルギー、冒険、「女子と男子」。

    多摩ニュータウンで撮影されたところも、みどころである。(W.Y)

    『こどもしょくどう』(監督:日向寺太郎)
    https://www.tamaeiga.org/special/kodomoshokudo/

  • きみはいい子
    (監督:呉美保/日本/2015年/123分)
    ――『こどもしょくどう』とあわせて観たい映画――

    学級崩壊に直面した教師、ワンオペ育児の母、独居老人という同じ街の三つの視点から児童虐待を見つめた作品。貧困や被虐体験、障害といった「ひとりで解決することが困難な問題」に対する無力感に打ちひしがれ、けれどそこで誰かに救われたり、救ったりすることで生まれる希望が描かれている。(O.N)

    『こどもしょくどう』(監督:日向寺太郎) https://www.tamaeiga.org/special/kodomoshokudo/

  • 荒野にて
    (監督:アンドリュー・ヘイ/イギリス/2017年/122分)
    ――『こどもしょくどう』とあわせて観たい映画――

    幼いころに母親が家出し、父親と2人で生活する少年チャーリー。父親は愛情深いのだがその日暮らしの生き方で、親として子供に与えるべき日常生活の細々としたケアを一切しない。家計を助けるため厩舎で働き始めたチャーリーが雇い主にお昼をごちそうになった時、チャーリーの食べる仕草に雇い主が思わず言う。「人と一緒に食べるときにはそれなりのマナーがあるんだぞ」この場面からチャーリーがいつもひとりで食事をしていること、食事と言えるまともな食べ物を口にしていないことがわかる。

    『さざなみ』のアンドリュー・ヘイ監督が、厳しい現実のなかで必死に生きようとする孤独な少年と一頭の馬の歩む旅路を描いた人間ドラマ。少年を演じたチャーリー・プラマーが第74回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)受賞。(F.I)

    image

    『こどもしょくどう』(監督:日向寺太郎)
    https://www.tamaeiga.org/special/kodomoshokudo/

  • スタンド・バイ・ミー
    (監督:ロブ・ライナー/アメリカ/1986年/89分)
    ――『こどもしょくどう』とあわせて観たい映画――

    『こどもしょくどう』は、いまの日本の問題をリアルに描いている。思わず目を背けたくなるような心痛むシーンがいくつも登場し、個人的には観ていて心が折れそうになった。

    そんなシリアスな映画の中でほっとするのが、子どもたちとある場所を目指し大人たちには内緒で小旅行をするシーン。辛い現実から離れていきいきとした子どもたちの姿は、『スタンド・バイ・ミー』の少年たちと重なる。(A.U)

    image

    『こどもしょくどう』(監督:日向寺太郎)
    https://www.tamaeiga.org/special/kodomoshokudo/

  • 誰も知らない
    (監督:是枝裕和/日本/2004年/141分)
    ――『こどもしょくどう』とあわせて観たい映画――

    親が失踪し、4人の子どもだけで“誰も知らない”生活を過ごすなか、悲劇は起こる。いや、本当は“誰も知らない”わけではなく、大人との接点もあった。なのに……。そんな大人たちの「知らないふり」をじわじわと突き付けてくる。柳楽優弥がカンヌ国際映画祭史上最年少及び日本人初の最優秀主演男優賞受賞した作品。(M.O)

    『こどもしょくどう』(監督:日向寺太郎)
    https://www.tamaeiga.org/special/kodomoshokudo/

#pagetop