第27回映画祭TAMA CINEMA FORUM

プログラムレポート

【B-7】高杉真宙特集

11/26[日] パルテノン多摩小ホール
  • 10:00-11:31
    ぼんとリンちゃん
  • 11:45-12:51
    逆光の頃
  • 12:51-13:30
    トーク
    高杉真宙氏、小林啓一監督 司会:くれい響氏(映画評論家)

映画祭最終日を迎えた朝、寒空のもと会場には開場を待つ長蛇の列が出来ていました。

第9回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞した高杉真宙さんの特集として、2014年公開の出演作『ぼんとリンちゃん』、今年公開された主演作『逆光の頃』を上映し、トークには高杉真宙さん、上映作の小林啓一監督、映画評論家のくれい響さんがご登壇されました。リラックスした雰囲気のなか自然体でお話しされていました。

小林監督の念願であった『逆光の頃』の映画化。監督は高杉さんに初めて会ったときから孝豊役にいいな、と思っていたそうです。そのことに高杉さんは「監督が初めて会った当時にそう思ってくれていて、その『逆光の頃』が実現できたことが幸せだなぁと思います」と喜びを語られました。

また、くれいさんから小林監督の持つ厳しさや撮影に関して質問された高杉さんは、小林監督との撮影は「壁」ばかり、でもひとつのシーンを何度も撮ることでいろいろな挑戦もでき、いい意味でしつこく撮影した経験が自身の血肉となって活きています、と撮影時を振り返っていました。

高杉さんが演じられた役柄について、小林監督は「『ぼんとリンちゃん』や『逆光の頃』で高杉さんが演じたような受けの演技は簡単そうに見えて難しい。『逆光の頃』の孝豊のように受けの演技を主役としてやることは、周りに合わせつつ、自分を失わないで周りの人と対峙している時にちょっとずつ色んな顔を見せたりする。真宙くんは友好関係をセリフではなくお芝居で見せていくことをナチュラルに演じている。孝豊は受けの演技だけれど物語を表現しなければいけない難解な役だった」と高杉さんの難しい役柄でも繊細に演じられたことに太鼓判を押していました。

お客様からの質問を受け付けるQ&Aではたくさんの手が挙がりました。「『ぼんとリンちゃん』をいま撮るならどう撮るのか、演じるのか」という質問に、監督も高杉さんもワンシーンワンカットの手法を含め当時とそこまで変わらないかも、とのお答えでしたが、高杉さんは「ぼんちゃんやみゆちゃんの言っていることが自分の考え方とともに変わってくる。だからそういうものは演技に影響してくるかもしれないです」とお話しされていました。

最後に小林監督は、黒澤明と三船敏郎のように高杉さんとコンビになりたいと熱望。高杉さんは「いつでも高杉真宙として小林監督に撮って頂きたいなとすごく思います」と答えられ、ますます再びのタッグに期待が高まりました。

トークを通して高杉さんと小林監督のいい映画を作るために妥協しない姿勢と、ともに慕いあう関係性がとても伝わってきました。トーク中には小林監督が高杉さんを「まひろっち」と呼ぶなどの仲の良さに客席から笑い声があがり、会場は終始温かな空気に包まれ、大盛況のなかプログラムは終了いたしました。

高杉さん、小林監督、くれいさん、お越しいただいたお客様、誠にありがとうございました。

リンク:

レポート一覧

幼な子われらに生まれ
散歩する侵略者
授賞式
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
プレミアイベント映像+「リハーサルプロジェクト・ポルーニン」上映
トーク:
ハービー・山口氏(写真家、エッセイスト)
タレンタイム〜優しい歌
アイスと雨音
トーク:
松居大悟監督、志磨遼平氏(ミュージシャン) 司会:門間雄介氏(編集者、ライター)
ぼんとリンちゃん
逆光の頃
トーク:
高杉真宙氏、小林啓一監督 司会:くれい響氏(映画評論家)
トリガール!
高杉真宙氏の舞台挨拶
7月14日の娘
ジャングルの掟
トーク:
小柳帝氏(ライター、編集者、翻訳者、フランス語講師)
家族ゲーム
トーク:
団地団(大山顕氏、佐藤大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏)
きわめてよいふうけい
After 10 Years
トーク:
ホンマタカシ氏(写真家、映画監督)、タカザワケンジ氏(写真評論家、ライター)
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー
すばらしき映画音楽たち
トーク:
鍵和田啓介氏(ライター)、青柳文子氏(モデル・女優)
海辺の生と死
トーク:
島尾伸三氏(写真家、作家)、しまおまほ氏(エッセイスト)、越川道夫監督
ハローグッバイ
PARKS パークス
『ハローグッバイ』トーク:
菊地健雄監督、萩原みのり氏、久保田紗友氏、瀬田なつき監督
『PARKS パークス』トーク:
瀬田なつき監督、橋本愛氏、菊地健雄監督