第29回映画祭TAMA CINEMA FORUM

プログラムレポート

【C-13】松田優作生誕70周年

11/30[土]ベルブホール
  • 10:15-10:55
    トーク
    ゲスト:丸山昇一氏(脚本家)
  • 11:00-12:40
    処刑遊戯
  • 13:00-14:59
    野獣死すべし

昨年は遊戯シリーズ40周年として遊戯シリーズ第1作目『最も危険な遊戯』と第2作目『殺人遊戯』の上映および村川透監督のトークを行いましたが、今年は松田優作生誕70周年と題して遊戯シリーズ第3作目の『処刑遊戯』と『野獣死すべし』の上映、また、脚本を手掛けた丸山昇一さんのトークを行いました。

上映前に丸山さんにご登壇頂き、両作の執筆時のお話や主演の松田優作さんのお話を伺いました。『処刑遊戯』は前2作と比べてコミカルなシーンが無いガチガチのハードボイルド、また、『野獣死すべし』は原作と全く異なり同じ大藪春彦原作の『蘇える金狼』のようなアクション映画ではなく、両作とも以前からのファンの間で物議を醸しましたが、同じことをやっても生産性が無いただの再生になってしまうため、松田優作さんと一緒に、常に観客より半歩先を行き、新しいことにチャレンジしていたことを語って頂きました。また、松田優作さんとおよそ10年間、普通ではありえない濃密な時間を共有しながら脚本を作り上げていく過程を聞かせて頂きました。

丸山さんのお話に引き込まれ、気がついたら次の上映時間となってしまい、慌ただしくトークの時間は終了となってしまったのですが、トーク後は上映が始まっているにもかかわらず、ファンからの要望に応えてサイン会を行い、ファン一人一人とコミュニケーションされていました。奇しくも、数多くの松田優作主演作品を世に送り出した黒澤満プロデューサーのちょうど一周忌にあたる日となり、黒澤プロデューサーのお話も伺うことができ、松田優作ファン、丸山昇一ファンにとって、忘れることができない上映会になったと思います。

リンク:

レポート一覧

【A-1】
第11回TAMA映画賞授賞式
長いお別れ
授賞式
嵐電
【B-2】
スクリーンに映える魅惑の役者 成田凌
さよならくちびる
トーク:
成田凌氏、今泉力哉監督、木村和平氏
愛がなんだ
【B-4】
映画界のミューズ 女優・前田敦子
Seventh Code
旅のおわり世界のはじまり
トーク:
前田敦子氏、黒沢清監督
【B-5】
日本のジャーナリズムを考える2019
記者たち ~衝撃と畏怖の真実~
新聞記者
トーク:
河村光庸プロデューサー、松崎健夫氏
【B-6】
暗闇の中の光 ―山戸結希監督特集―
溺れるナイフ
ホットギミック ガールミーツボーイ
トーク:
山戸結希監督、志磨遼平氏
【B-8】
あふれる映画愛 井浦新特集
こはく
嵐電
トーク:
鈴木卓爾監督、あがた森魚氏
【C-2】
笑って泣けて考える ~進化するインド映画~
ヒンディー・ミディアム
トーク:
アンジャリ<八尋美樹>氏
シークレット・スーパースター
【C-4】
南米音楽の二人の巨匠
ピアソラ 永遠のリベルタンゴ
ジョアン・ジルベルトを探して
トーク:
中原仁氏
【C-9】
万歳!ここは愛の道
万歳!ここは愛の道
トーク:
石井達也監督、根矢涼香氏、松崎健夫氏
【C-12】
福島の声を聴く
福島は語る
トーク&ミニライブ:
寺尾紗穂氏
【C-13】
松田優作生誕70周年
トーク:
丸山昇一氏
処刑遊戯
野獣死すべし
【C-15】
団地団、TAMAに参上2019
団地 七つの大罪
トーク:
団地団(大山 顕氏、佐藤 大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏)
【D-2】
逆輸入型新進気鋭監督 長久允×奥山大史
Tokyo 2001/10/21 22:32-22:41
そうして私たちはプールに金魚を、
僕はイエス様が嫌い
WE ARE LITTLE ZOMBIES(ウィーアーリトルゾンビーズ)
トーク:
長久允監督、奥山大史監督
【D-3】
魔法少年☆ワイルドバージン 先行プレビュー
魔法少年☆ワイルドバージン
トーク:
宇賀那健一監督、山口明氏