第29回映画祭TAMA CINEMA FORUM

プログラムレポート

【C-2】笑って泣けて考える ~進化するインド映画~

11/23[祝・土]ベルブホール
  • 15:00-17:12
    ヒンディー・ミディアム
  • 17:20-17:50
    トーク
    ゲスト:アンジャリ<八尋美樹>氏(インド楽しいこと案内人)
  • 18:00-20:30
    シークレット・スーパースター

2019年6月の特別上映会で上映したのが『バジュランギおじさんと、小さな迷子』。この上映会が盛況だったため、「今年の上映の流れを汲んだ企画ができないか」ということで決まったのが、この「笑って泣けて考える ~進化するインド映画~」の企画でした。

当日は、インド版お受験映画『ヒンディー・ミディアム』と歌手を目指す女の子と家族の物語『シークレット・スーパースター』という家族を主軸とした2作品を上映し、“インド楽しいこと案内人”のアンジャリさんを招いてのトークを開催。今回ゲストにお招きしたアンジャリさんは、旅行会社でインドツアーなどの添乗員をしている中でインドが大好きになり、現在はフリーでインド旅企画&女子旅アドバイザーとして、インド映画のロケ地ツアーなども実施しています。そんなアンジャリさんに、より映画を楽しむための実際のインドの様子などを伺いました。

まずは上映を終えた『ヒンディー・ミディアム』の話題から。インドの階級意識がよく表れている冒頭のウェディングドレスを売るシーンの解説など、聞いてから観るとまた違った印象になりそうなお話から、今の20代を中心とした欧米の価値観になじんだ「階級なんて気にしない」という新しい世代のお話まで、「なるほど」と思うお話を色々聞かせていただきました。

次にトーク後の上映になる『シークレット・スーパースター』のお話。こちらはネタバレをしない範囲でのお話でしたが、主役の少女がYouTubeを駆使してミュージシャンを目指すことから今のインドのデジタルメディアの実態のお話(携帯より固定電話を引く方が高くて大変!)や、一方でまだまだ女性が仕事や結婚を主体的に決めることが難しい現状についてのお話も伺うことができました。

その後、インド映画の流れについてお話いただき、最後は上映中だった『ガリー・ボーイ』まで熱く語ったトークは、インド映画初心者の方から、よくインド映画を観るという方まで幅広く楽しめたのではないでしょうか。インド映画のこれからも楽しみです。

リンク:

レポート一覧

【A-1】
第11回TAMA映画賞授賞式
長いお別れ
授賞式
嵐電
【B-2】
スクリーンに映える魅惑の役者 成田凌
さよならくちびる
トーク:
成田凌氏、今泉力哉監督、木村和平氏
愛がなんだ
【B-4】
映画界のミューズ 女優・前田敦子
Seventh Code
旅のおわり世界のはじまり
トーク:
前田敦子氏、黒沢清監督
【B-5】
日本のジャーナリズムを考える2019
記者たち ~衝撃と畏怖の真実~
新聞記者
トーク:
河村光庸プロデューサー、松崎健夫氏
【B-6】
暗闇の中の光 ―山戸結希監督特集―
溺れるナイフ
ホットギミック ガールミーツボーイ
トーク:
山戸結希監督、志磨遼平氏
【B-8】
あふれる映画愛 井浦新特集
こはく
嵐電
トーク:
鈴木卓爾監督、あがた森魚氏
【C-2】
笑って泣けて考える ~進化するインド映画~
ヒンディー・ミディアム
トーク:
アンジャリ<八尋美樹>氏
シークレット・スーパースター
【C-4】
南米音楽の二人の巨匠
ピアソラ 永遠のリベルタンゴ
ジョアン・ジルベルトを探して
トーク:
中原仁氏
【C-9】
万歳!ここは愛の道
万歳!ここは愛の道
トーク:
石井達也監督、根矢涼香氏、松崎健夫氏
【C-12】
福島の声を聴く
福島は語る
トーク&ミニライブ:
寺尾紗穂氏
【C-13】
松田優作生誕70周年
トーク:
丸山昇一氏
処刑遊戯
野獣死すべし
【C-15】
団地団、TAMAに参上2019
団地 七つの大罪
トーク:
団地団(大山 顕氏、佐藤 大氏、稲田豊史氏、速水健朗氏、妹尾朝子氏、山内マリコ氏)
【D-2】
逆輸入型新進気鋭監督 長久允×奥山大史
Tokyo 2001/10/21 22:32-22:41
そうして私たちはプールに金魚を、
僕はイエス様が嫌い
WE ARE LITTLE ZOMBIES(ウィーアーリトルゾンビーズ)
トーク:
長久允監督、奥山大史監督
【D-3】
魔法少年☆ワイルドバージン 先行プレビュー
魔法少年☆ワイルドバージン
トーク:
宇賀那健一監督、山口明氏